iPhone8のバッテリー交換で失敗をしてしまいました 失敗の原因はケーブル切断

スマホ修理

今回の記事はiPhone8のバッテリー交換していて失敗したお話しです。

手持ちのiPhone8のバッテリー最大容量が80%であり
著しく劣化しているとメッセージ表示していましたので
バッテリー交換をしてみました。

 

 

 

iPhone8は防水テープが貼ってある

iPhone8は防水テープが貼ってあるため、フロントパネルを本体から外す
時にやや手こずりました。

というのも、防水テープがしっかり貼り付いていてなかなか剥がれなかったのです。

ようやくフロントパネルが外れ、本体と分離することができました。

 

 

 

バッテリーの取り外し

バッテリーもテープで貼り付けてあるので、テープを引っ張って剥がすのですが
長期使っている場合、テープ自体がもろく切れやすいです。

ドライヤーで温めながらテープを剥がしていたのですが、案の定テープが途中で
切れてしまいました。

仕方がないので、若干無理やりですがバッテリーの取り外しすることが出来ました。

 

 

 

新しいバッテーリーを装着

新しいバッテーリーを仮付けして動作の確認をします。

正常に起動する事が確認出来たら本取り付けを行います。

バッテリーにテープを貼り付けて本取り付け完了です。

 

 

フロントパネルを装着

最後に、フロントパネルを取り付けて完了。

 

動作確認

画面の表示問題なし。

と、ここまではよかったのですが。。。

 

ホームボタン  問題  あれっ

ホームボタンが正常に動かない。

指紋認証は全くダメです。

 

原因調査開始

原因として考えられるのは コネクタの接続不良か?

再度フロントパネルを開けてコネクタの状態を見てみるが問題なし

 

不良個所発見

フロントパネルに付いている黒いケーブルの一か所に亀裂発見

 

亀裂の具合から推測すると、最初にフロントパネルを外す時に

中々外れなかったので開き過ぎてケーブルを切ってしまった模様。

とても修理出来る状態ではない。

 

 

対応方法

ホームボタン・指紋認証を使えるようにするにはフロントパネルを交換するしかない。

ヤフオクで純正再生品のフロントパネルが即決価格2500円で出品されていたので

早速、落札(購入)

 

 

 

翌日には商品が届いたので早速取り付けてみる。

予想どうり、ホームボタンも指紋認証も正常に動作するようになりました。

 

 

 

 

まとめ

今回の当初の目的は、バッテリー交換でしたが、

失敗が加わり、フロントパネル交換までやることになりました。

 

今まで何回かiPhone8の分解はやってきていましたが、ケーブルを断線
させる失敗は初めてでした。

 

自分でバッテリー交換など部品交換する場合は、修理店で行ってもらうより
安く済むメリットはありますが、失敗して、余計にお金と労力を使うデメリットも
あります。

自分でされる場合は完全に自己責任で行いましょう。

 

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました