完全無料 checkera1nでiPhone8のアクティベーションロックを解除する ios14.4.2 windows10

iPhone

iPhoneのアクティベーションロックを解除しましたので備忘録として記事にしてみました。

今回準備したiPhoneはヤフオクで落札したものです。

では、解説していきます。

 

 

準備するもの

脱獄するiPhone

(iPhone8 ios14.3 とios14.4.2を使用しました)

 

パソコン

(DELL LATITUDE E6330を使用しました)

 

USBメモリー

(KIOXIA の64GBを使用しました)

8Gあれば充分のようです。

 

ソフトウエア、ファームウエア

・rufus-3.14.exe

・JustatechCheckra1n0.12.4Windows.iso

・iFrpfile

 

 

手順

 

Checkra1n起動USBの作成

 

Checkra1nをダウンロードします

 

Checkra1nのダウンロードリンク

Justatech Checkra1n 0.12.4 Windows
MediaFire is a simple to use free service that lets you put all your photos, documents, music, and video in a single place so you can access them anywhere and s...

 

ダウンロードしたファイルを解凍します。

rufus-3.14.exeを実行します。

ブートの種類は解凍したフォルダーの「JustatechCheckra1n0.12.4Windows.iso」を選択

 

 

Checkra1nの起動

パソコンの起動をusbメモリーから起動します

 

Alt + F2を押す

 

 

Optionを選択

 

Allow untested 10S/iPadOS/tvOS/ version を選択

選択すると[×]になる。

Skip A11 BPR checkを選択

Dark Blockchainを選択

 

戻るを[START]が有効になっている。

(注意)

ios14.3のiPhone8はSTRATは選択出来る状態になりましたが、ios14.4.2のiPhone8は選択できませんでしたので別の方法でやりました。(checkra1n画面で[START]が有効にならない場合の対処方法を参照)

 

[START]を選択

 

 

[NEXT]を選択

 

音量下げるボタンと電源ボタンを同時に押す

 

4秒後に電源ボタンを話す

 

更に、10秒後に音量下げるボタンを話す

 

脱獄作業が行われます。

IPHONEの画面に文字が表示される

 

 

パソコン画面に all doneが表示されたら終わりです。

 

 

iFrpfileの作業

 

次は、パソコンのwindowsを起動します。

USBメモリーを抜いてパソコンを再起動するとよいです。

 

脱獄用アプリのダウンロード をします。

 

iFrpfile

iFrpfile All In One iCloud tool - FRP FILE
No.1 Free iCloud Tool Bypass Activation Lock iPhone, iPad Easy Remove iCloud, Remove Activation Lock, Find My iPhone and iPad, Directly via USB cable, Super fas...

 

 

解凍する前にwindowsのセキュリティ設定の変更

ウイルスと脅威の防止を選択

設定の管理を選択

リアルタイム保護をオフ

(注意)これをやっておかないと解凍時にアプリケーションファイルが消えます。

 

ダウンロードしたファイルの解凍

 

解凍したフォルダーのiFrpfileを実行します。

 

 

シリアルナンバーをコピーします。

 

シリアルナンバー入力欄に貼り付けします。

 

 

BYPASS HELLO SCREEN を選択します。

 

すると、下の進捗バーが進みます。

100%になれば脱獄が完了です。

 

 

checkra1n画面で[START]が有効にならない場合の対処方法

 

checkra1n画面の右下の[Quit]を選択

 

root@abxyap-ubuntu:^# checkra1n -c

 

と入力しenterキーをおします。

 

Waiting for DFU devicesが表示されたらiPhoneをDFUモードにして接続します。

 

all doneが表示されたら終わりです。

このあとは,ifrpfileの作業を行います。

 

iPhone 8/ 8 PlusでDFUモードへの入り方

 

DFUモードとは、デバイスのファームウェアを更新させるためのモードで、iPhoneやiPad、iPod touchのオペレーティングシステムまたはブートローダーが読み込まれていない状態です。

リカバリーモードを利用してもデバイスが復元できない場合は、DFUモードで復元の可能性があります。

注意すべき点は、iPhone 8をDFUモードに突入させる方法は他のモデルと少し異なっています。

 

Step1.iOSデバイスをコンピュータに接続してから最新バージョンのiTunes を開きます。 そして、iPhone 8/8 Plusの電源をオフにします。

Step2.スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に10秒ほど押し続けます。(アップルロゴが出てきたらだめです。)

Step3.スリープ/スリープ解除ボタンを離して、音量を下げるボタンだけを5秒間押し続けます。

 

まとめ

アクティベーションロックのかかったiPhoneを解除する方法でした。

 

今回は2台のiPhone8のアクティベーションを試したのですがiosのバージョンによって出来る時と出来ない時があり非常に苦戦しました。

いろいろなロック解除ソフトがあるようですが、自分のiPhoneにの状態にあったものを探してやってみるのもよいかもです。

 

ただし、壊れたり、不具合が発生しても一切責任おえませんのでマネされる場合は自己責任でお願いします。

 

最後に、実際に作業した時の動画をyoutubeにアップしています。

この記事と合わせて見て頂き、参考にされたらよいと思います。

動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました