ペットボトルを利用した簡易自動給水器

水耕栽培

ミニトマトが成長するにつれて水分を吸収するようになりました。

職場で育てているために、平日は水やり出来ますが、土日の休日は水やりが出来ません。

そこで、2、3日間の水やりが出来ない場合も自動で水やり出来る給水器を作成しました。

ペットボトル自動給水器の作成方法

家にある材料で簡単に出来ます。

材料

ペットボトル(キャップ付き)

布紐

空き缶

靴下(使い古し)

ワイヤー(針金)

 

完成イメージ

 

作り方

ペットボトルのキャップに布紐を通す穴を空けます。

キャップに布紐を通します。

靴下を空き缶の大きさに合わせカットします。

靴下を空き缶に被せます。

空き缶の上と下にひもを結びます。

キャップをペットボトルにはめます。

ワイヤーをペットボトルのキャップの根元に巻き付け、先端を布紐に巻き付けます。

これで出来上がりです。

後は、ペットボトルに水を入れるだけです。

どこか、柱に結んで、布紐の先端が、ミニトマトの根っこ辺りに来るように調整します。

ワイヤーなので自在に目的の場所に水滴を垂らすことが出来ます。

まとめ

お金をかけず、家にある不要品で簡易的な自動給水器が出来ます。

数日間は水やりが出来なくても大丈夫ですね!

よければ是非試してみてください。

動画でも紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました